【認知症】オレンジカフェに参加しました

初めまして。本日の記事は新しく入局しました永長朱香が担当します。どうぞよろしくお願いします。

先日6月28日金曜日、姶良市のイオンにて開催された認知症カフェ

『あいらオレンジカフェ in イオンタウン姶良』

に参加してきました。姶良市地域包括センターの方々のサポートでの開催でしたので、たくさんの方々が参加されておりました。

認知症カフェを少し詳しく

少子高齢化と言われる昨今で急増している「認知症」にかかっている方のお悩みや不安をみんなで共有し、語り合い、地域のつながりを取り戻していただく会です。

認知症はただ物忘れが増えるというイメージが強いかもしれませんが、日常生活に支障がなければ『認知症』ではないと言われています。
ですが、

「約束を忘れることが常になり、他人に迷惑がかかる」
「自分の家に帰ることができなくなる」
「火を消し忘れて火事になりそうになる」


など、日常生活にも支障が出てくると、本人もその意識がないため、対応が非常に難しくなってきますので家族にも大変な問題となってきます。

そんな認知症の方本人や、家族の方々が悩みを共有し、認知症への理解を深めるための会が「認知症カフェ」になっています。

イオンタウンでの認知症カフェでは

今回参加した認知症カフェでは、お菓子や飲み物を囲みながら悩みを共有したり、普段なかなか取り組みにくい高齢者向けの軽い運動、懐かしい歌をみんなで歌ったりしていました。

認知症は患者本人も、患者の家族も悩みを抱えやすい症状です。このような場で話をする事で、少しでも精神的負担が軽くなったり、まだ症状はないけど、あらかじめ症状を知っておく事で客観的に認知症を知れることができるのだなと感じました。

いつ自分の身に、また自分の身の回りに起こるかわからない症状のため、今は関係ないと言う方も一度は参加していただくと良いかと思います。

9月21日にかもだ通り商店街にて開催予定の認知症カフェも心よりお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です