【かもだ通り薬局で格安にて販売中】『経口補水液OS-1』お早めの熱中症対策を

梅雨も中盤に差し掛かり、ジメジメする季節を皆様元気にお過ごしでしょうか。クーラーもつけるかつけないか悩みどころですね。

今回は梅雨が過ぎればやってくる暑い日々に、危険性の高まる「熱中症」についてのお話です。

熱中症にかかる要因と対策

昔はクーラーもない時代、「熱中症」にかかる人もほとんどいませんでした。なぜ今、熱中症にかかる人は多くなったのでしょうか。
それは主に、これらの原因が挙げられます。

  • 温暖化による気温の上昇
  • エアコンの普及
  • コンクリート建物の普及
  • 高齢者世帯の増加

他にも様々な原因がありますが、
特に高齢者の方々は「渇き」に関して感じにくくなっています。

「熱中症」とは体の中に熱がこもってしまうことで起きてしまいます。なので水分を摂って汗をかき、体の外へ熱を放出することが大事なのです。

また高齢者の方々に多い、血圧を下げる薬を飲んでいる方は「塩分を摂りすぎないように」と言われている方が多いと思いますが、汗をかくことでも塩分が急激に失われますので、これにも注意が必要です。

経口補水液は熱中症対策に最適

経口補水液はスポーツドリンクと違って、程よく塩分があり、カロリーや糖分も控えめになっています。
さらに、水よりも吸収が早く、尿から出ていくのは遅くなっていますので、熱中症対策に最適です。

暑い時期は「喉が渇いたから飲む」のではなく、2時間ごとに飲む習慣をつけるのがオススメです。

その他、普段から飲んでいる薬に脱水を起こしやすい薬もありますので、不安な方はお薬手帳を持ってご相談ください。

熱中症と思われる方がいるときの対策

毎年上がる気温により、熱中症の患者を見かけることも増えるかと思います。
そんな時は

  • 涼しい場所に移動
  • 衣類を緩める
  • 体に冷水をかける
  • 冷水で濡らしたタオルで拭いてあげる

これらの対策がベストです。
ぜひ、頭の片隅に入れておいていただきたい知識です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です