20代で気にしたい骨のこと

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という病気をご存知でしょうか?? 骨がもろくなる病気です。

女性の骨は50歳前後から急速に低下していきます。怖いのは足の付け根を骨折して寝たきりになることです。

肌の老化にも影響あり⁉︎

「そんなのはおばあちゃんになった時の話…」と思う方が多いと思いますが、実は最近の研究で「顔やシワのたるみは肌の老化だけでなく、顔の骨の老化も大事な原因」ということが分かってきました。

つまり、女性にとって骨は40代から気にしてほしいのです。

骨粗鬆症の原因

簡単にですが女性にとっての原因をいくつかあげて見たいと思います。

  • 【体質】そもそも男性に比べて女性の骨量・筋肉量が少ない
  • 【閉経】骨量を維持していた女性ホルモンがなくなり、もろくなり始める
  • 【妊娠】赤ちゃんの成長のために骨の材料になるカルシウムが不足する

それに加えて、飲酒や喫煙の頻度が高い人は更に骨がもろくなるリスクが高まります。

妊娠出産まで考えると30代から気にしてほしいと思います。

骨量を知ることで、長く元気に!!

一生のうちで最も骨量が高い年代はいつかご存知でしょうか??

それは20歳前後です。その頃に無理なダイエットをしていたり偏食していたりすると、骨は早くもろくなり始めます。

そう考えますと、20代から気にしてほしい事になります。

健康だけでなく美容のためにも「自分の骨量が今どれくらいなのか」測ってみましょう!!3月2日(土)3日(日)の【かもだ通り初市】にてお待ちしています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です